かばだんなさん かく語りぬ Header Image

ブログは「出会いの場」となり得るのか。

さて、少しCakePHPから離れましょう。

表題の件、さてブログというのは「出会いの場」となりうるのでしょうか?

私はこのブログを始める時に、出会いとしての効果は全く期待しておりませんでした。私がブログというツールの効果としてみていたのは、

  • 情報収集の場
  • 知っている方の考え方を知る場

程度でした。

ですから、私のブログでもコミュニケーション機能は最低限の実装に留めていますし、記事内容も「どこに行った」とか「何を食べた」というのがほとんどありません。そういのはfacebookやmixiでやる方が効率が良いと思っていたからです。

でもね、ブログを始めて5年経ちますと、時々ですが私のブログを読んだ知らない方からコメントやメールを頂く機会があるんですよ。そういう方はそれなりに接点が明確なので、繋がりやすく、後々一緒にお仕事をさせて頂く関係まで発展した例も幾度かあります。

ブログっていうのも意外と「出会いのツール」なんですね。頻度を考えると効率は良くありませんが、それを期待し過ぎなければかえって素敵な出会いがあると思います。

なんてね、久しぶりにブログを介して良識ある人と繋がったので機嫌がいいのです。


コメントを残す